若手社員が身に着けたい経験学習スキル
3つのポイント

ファシリテーター 本田郷士

若手社員研修についてご相談を受ける際の一つの大きなテーマとして、若手社員が主体的に学ぶ力を身に着けて欲しい。というものがあります。
変化の激しい現代においては、既存のノウハウを学ぶだけでは成功できず、「経験を振り返り、教訓を引き出し、応用する」という、経験から学ぶ力が益々重要になってきています。

経済産業省は、人生100年時代に必要な力として、2006年に提唱した「社会人基礎力」を2018年に見直しました。リフレクション(振り返り)しながら、目的、学び、統合のバランスを測ることの重要性、つまり経験から学習する力の大切さを伝えているといえます。 この力は若いうちに習得することが大切だと当社は考えています。

そこで今回は、若手社員が身に着けたい経験学習スキルについて、「3つのポイント」をご紹介します。

  • 1.自分自身を客観視する力
  • 2.他者からフィードバックを得る力
  • 3.ネットワークを広げる力

1.自分自身を客観視する力

人は自分のフィルターを通して自分の外側を見ています。そのため、自分の外側を認識するうえで自分のフィルターが邪魔をして、正しく見ることができなくなる場合があります。

このような形で働く自分のフィルターを「思い込み」と呼ぶと、区別し易いでしょう。 例えば「会社はいつも〇〇だ」「どうせこの組織は〇〇だ」「自分を適正に評価してくれていない」という言葉を聴くことがあります。これらは、物事を一面からのみ捉えてしまい、「思い込み」に囚われてしまっている状態です。
このままでは思考停止の状態ですが、「思い込み」を取り払って、自分が任された仕事が持つ目的・意義や周囲への影響力等を考え、仕事を意味づけることができれば、大きな成長につなげることができます。

当社では、こうした自分の「思い込み」に囚われずに客観的に視る力を育む思考を、ワークを通じて学んで頂きます。

2.他者からフィードバックを得る力

実践経験において、成功・失敗どちらからも多くの学びを得ることができます。そして、他者の視点を取り入れることで更に多くの学びを得ることができます。自分が思いもしなかった考え方や、思い込みの罠にはまってしまっていることなど、多くのことを学びに変えることができます。
そのため、成功・失敗どちらであっても、フィードバックを得ることに対してネガティブなイメージを持つことなく、積極的にフィードバックを獲得しに行くと良いでしょう。

当社では、他者からフィードバックを得ることの有効性を具体的に理解し、フィードバックを得るために押さえるポイントや心構え等、ワークを通じて学んで頂きます。

3.ネットワークを広げる力

若手社員が視野を広げ、他者の考えを知り、またはフィードバックを獲得しに行くなど、主体的にアクションを起こしていくためには、組織の内外を問わずネットワークを広げていく力が必要です。
他部門、外部組織等とつながり、そこから多くの気づき・学びを得られます。また、直接アドバイスを得ることもできます。若手社員が主体的に上司や先輩に働きかけて紹介を受ける、またはその他の様々な関係者に働きかけるなどで、ネットワークを広げることができると良いでしょう。

当社では、自分を取り巻くネットワークをいくつかの視点で検討し、再認識するワークを通じて、周囲との関係の重要性やそれを広げる意義を学んで頂きます。



以上、若手社員が身に着けたい経験学習スキル「3つのポイント」をご紹介いたしました。

今後の若手社員育成の参考にして頂ければ幸いです。

こんな記事も読まれています

関連するサービス

無料体験セミナー

トッパンマインドウェルネスがご提供する研修プログラムの体験セミナー情報をご確認いただけます。