人材開発・組織開発コンサルテーションを行うトッパンマインドウェルネス

【連載】自律型人材を育成するマネージャーに必携のスキル
 第6回:チームづくり

 

【連載】自律型人材を育成するマネージャーに必携のスキル

 第6回:チームづくり

 

 チームは大事だという考えに反対する人は少ないと思います。しかし、研修の現場では個人商店化やサイロ化が課題として挙がります。効率化やイノベーションが求められる現状においてはチームの力が必要ですが、良いチームをつくる方法を理解して、実行できる管理職は実は多くないのかもしれません。
 
■チームづくりのプロセス
当社では強いチームをつくる5つのステップをモデル化しています。
 
 良いチームをつくるには、まず「チームとして働くことが必要だ」「それはメリットがある」ということをメンバーに認識してもらう必要があります。お互いを仕事のアウトプットに必要な仲間だと理解するにはどうしたらよいでしょう。まずは、管理職自身が「チームが必要だ」と信じることです。その上でメンバーにも働きかけを行います。
 
 一緒に動く経験も必要です。会議に参加する、企画を一緒に立てる、客先に共にいく・・・。協働する際には、誰が何をどのように進めるかを具体的に考えます。暗黙のうちに上司が全部話す、全部決めるということでは成果を上げるチームにはなりません。それぞれが役割を持ち、力量に応じて貢献することが必要ですし、一緒に働くに手順や進め方がそろっていないと結果につながりません。
 
 さらに、そうした協働をした後が大切です。その結果について振り返って学ぶための会話をするのです。人は経験から学ぶことで成長しますし、成長できる相手や場を大切にします。ですから、チームをつくろうと思ったら、誰もが安心して考えを表明できるような空気を作り学習を促します。特に、学ぶためには相互フィードバックが必要となるため、お互いに率直に良かったこと、うまくいかなかったことを伝え合えるような関係性をつくり、実践する必要があるのです。
■管理職の行動を理解する
 「“チームが大事だ”と部下に理解してもらう」「協働する機会をつくる」「お互いにフィードバックできる空気をつくる」ということが大切だということが分かっても、具体的にどうするかを頭と身体で理解しなければ、現場実践につながりません。
 
 当社が提供する『変化の時代のマネジメント研修』では、具体的な行動を言葉と体験ワークで理解していただくことを目的としています。もしご興味があれば、体験セミナーにお越しいただくか、当社問い合わせ先までご連絡ください。
 
 
参考文献:「チームが機能するとはどういうことか」エイミー・エドモンドソン

マネジメント研修プログラムのご紹介


トッパンマインドウェルネスのサービス

「イキイキ組織」を作り、そこで働く1人1人が能力を発揮できるようにするためには、何をすればいいのか。当社では、人材戦略としての様々な課題解決をご支援するサービスをご提供いたします。


株式会社 トッパン マインドウェルネス 〒110-8560
東京都台東区台東1-5-1 凸版印刷営業ビル3号館 7階

Copyright ©TOPPAN MIND WELLNESS CO.,LTD