財務分析手法

財務情報から企業の
動きを読み取る
  • 主な対象者
    管理・監督職層/次期リーダー候補層
  • 日程
    2日
  • 推奨人数
    20名

こんなお悩みやご要望に

  • 会社の状況を理解する上で、最低限の知識を見つけさせたい。
  • 得意先や競合の状況を財務情報から読み取る手順やノウハウを身につけさせたい。
  • 財務情報から推測した情報をもとに、戦略立案に役立つ視点を学ばせたい。

特徴

財務諸表を読む手順や着眼ポイントを
コンパクトにお伝えします。

  • 財務情報を「読み取る(読解する)」ための基礎的な考え方・テクニックを学びます。研修終了後には、公開されている決算データから、得意先や競合企業で起こっていること・起こりそうなことを推察できるようになります。
  • 財務3表についての基本的な知識のおさらいの後、実際の決算短信を使い、演習と講義を繰り返しながら、企業の状況を読み取る力、仮説を組み立てる力を高めます。
  • コンサルタントとして、多くのビジネス事例を見てきた研修講師が、決算短信を読んでいくときの手順や着眼ポイントをコンパクトにお伝えします。

プログラム

1

  • 企業経営における会計と財務
    • 企業における会計の意義
    • 決算書と「作る人」「使う人」
  • 財務3表を読む
    • 決算短信に挑戦
    • 財務3表のおさらい
      ①:損益計算書
      ②:貸借対照表
      ③:キャッシュフロー計算書
2

  • 財務分析の視点
    • 〜不況期の会計トピック〜
    • 総原価 (事例紹介と演習)
    • 負債  (事例紹介と演習)
    • キャッシュフロー (事例紹介と演習)
  • 財務分析演習
    • ライバル比較
  • まとめ
    • 参考書籍の紹介
  • プログラムの内容・期間は、ご要望に応じて調整いたします。

財務分析手法 受講者の声

  • 平易な言葉での説明や、随時質問を受け付け、また逆につぶさに回答させる講義形式、豊富な演習など、全員が理解できるようにという配慮のおかげでとても分かりやすかった。

  • 今回の研修で目的にしていた決算書の見方のポイント、特によく分からなかったキャッシュフローについては理解を深めることが出来た。

  • 不得意なポイントを講師が受講生からヒアリングしてくれたので、不明点がはっきりした。特に決算書の大局は見ることは自分として出来たと感じた。充実した1日と感じた。

  • 演習で各企業の財務諸表を比較したのですが、企業間の財務戦略の違いが分かるようになりました。財務分析の重要さとともに、読み取ることの楽しさを気づかせてもらいました。

研修に関連する導入事例

これまで、当社にて
人材育成・
組織開発の
ご支援を
させて頂いた
取り組みを、
事例として
ご紹介しております。

無料体験セミナー

トッパンマインドウェルネスがご提供する研修プログラムの体験セミナー情報をご確認いただけます。

関連サービス