人材開発・組織開発コンサルテーションを行うトッパンマインドウェルネス

中堅社員ビジネス基礎力強化

新人・若手担当から中堅担当、管理職と階層に応じて習得すべきスキルは異なります。ここでは、中堅社員向けの研修メニューをご紹介します。

トッパンマインドウェルネスの管理者研修メニュー紹介

■コミュニケ―ション系

プログラム名称

【プログラムの目的】

ロジカルリスニング・アサーション

□自律的な人材として、組織で活躍するには、相手が言う事の真意を汲み取り、自ら考えて動く事の必要性を学ぶ
□相手の真意をつかむ為に必要な「ききとる力」を若年層時に習得する
□相手に配慮しながら、自分の主張を建設的に伝えることができる力を習得する。

周囲を活かすコミュニケーション

□周囲を巻き込むリーダーシップを発揮して業績達成に貢献する役割を認識し、人のやる気を引き出す重要性を理解する

□やる気を引き出すために、具体的に取るべき行動を、自分の経験を振返りながら習得する

メンタリング
(メンター向け)

□後輩育成担当として、後輩の成長を支援する役割を理解する
□後輩育成経験の自分に与える意味を考える
□指導育成に必要な目標の共有と、指導を進める為の技法を習得する。

■思考系

【プログラム名称】

【プログラムの目的】

システム思考

〜自分の役割を探求し、今後に活かす〜

自分を含めた現状を俯瞰し、自身を探求することで、

□自分の役割を認識する

□職場で自ら行う主体的活動を明らかにする

□組織の目的を考えて行動する人材をつくる

キャリアデザインを仕事に活かす

□自分の内なる声=「価値観」と、周りからの期待「環境変化」を分析し、両者をマッチングしたキャリアをデザインする事で、自律的かつ意欲的にキャリアを歩み、現実の仕事にコミットする人材に育てる。

問題解決

□問題の本質をつかみ、的確な課題設定、解決策案出を行なうためのツールと思考法を学ぶ。

■ビジネススキル・知識系

プログラム名称

【プログラムの特徴】

ロジカルシンキング

〜業務遂行基盤を強くする〜

□論理的とはどういうことか、相手が理解できるとはどういうことか、その構造を理解します

□論理的に考えるための手法や心がまえを学びます

□問題解決の思考と行動の連続である毎日の仕事で、ロジカルシンキング活用するためのポイントを学びます

□演習は簡単なビジネスケースを使って、ロジカルシンキングの思考法や考え方を学びます。演習を通じて、自分の弱点や、論理的に思考する習慣が自分にどの程度あるかを振り返ります


株式会社 トッパン マインドウェルネス 〒110-8560
東京都台東区台東1-5-1 凸版印刷営業ビル3号館 7階

Copyright ©TOPPAN MIND WELLNESS CO.,LTD