人材開発・組織開発コンサルテーションを行うトッパンマインドウェルネス

組織変革リーダーシップ研修
 〜コミュニケーションを促し、自立型の組織をつくる〜

主な対象者  経営幹部・管理職(部長以上)層

日程     2日

推奨人数   20名

【こんなお悩みやご要望に】

  • ビジョンやスローガンが浸透しない。
  • 指示待ち、あきらめ、やらされ感が蔓延している。
  • 計画が実行されず、業績が上がらない。
  • すべての階層の社員の育成が進まない。

【プログラムの目的】

  • 部門の変革推進リーダーに必要なスキルを習得する。
  • 現場で展開する具体策を持ち返る。

【特徴】

  • やらされ感の組織から、社員が自発的に学び動く組織にするために、部門リーダーはどうすればよいのか?コッターのモデルをベースにリーダーがなすべき行動をシンプルな4ステップモデルにまとめ、現場で適用できるように解説します。
  • 自社の組織の状態を分析することから始めます。「どんな組織にしたいか」「現在の組織の状態」を書き出し、「なぜそこにギャップがあるのか」を明確にします。
  • そのギャップを埋めるためのスキルと、自社のしくみや制度を活用した具体策を検討により、現場ですぐに実行できることを目指します。
  • 「組織変革リーダーシップモデル」には、部門リーダーのスキルとして、発言を促すための「ファシリテーション」、自律性を生むための「マネジメント」、部下を育てる「コーチング」の3スキルが位置づけられています。これまで学んだスキルを活かすことができます。(事前に習得していることが望ましいですが、学んでいなくても実践できるよう解説します)
  • 演習としては、部下と信頼関係を築くための対話、危機感を醸成するためのファシリテーション、部下の提案書に対する指導(コーチング)、フィードバックの重要性理解などがあります。
  • 研修の2日間自体が、組織づくりの体験となっており、参加者自身のモチベーションが高まります。

【進め方(例)】

  1日目 2日目
午前
  • イントロダクション
  • グループ討議「自社の組織の分析」
  • 講義:組織変革リーダーシップモデル
  • イントロダクション
  • 1日目の復習
  • Ⅲ ユニットをつくり任せる
  • 演習〜部下の提案書の指導ポイント
午後
  • Ⅰ 信頼感を醸成する
  • 演習〜部下との信頼関係をつくる
  • Ⅱ 発言を促し、認識を変える
  • 演習〜危機感を醸成する
  • 組織ビジョンを自分のものにする
  • 結果から学習する
  • 演習〜フィードバックの重要性
  • しくみでかえる
  • グループ討議「自社の制度を活用する」
  • 行動計画

【受講者の声(抜粋)】

  • 課題解決の仕方が参考になった。
  • 具体的な事例を含めた内容で判りやすかった。
  • コッターの変革モデルの中における組織作りと組織変革リーダーシップに焦点を当てて、ファシリテーション、コーチング、マネジメントを上手く組み合わせたオリジナルモデルになっていて参考になった。
  • 職場に持ち帰って、すぐに使えることをいくつも学べた。
  • 討議が多く、積極的に参加させ考えさせる内容であった。

株式会社 トッパン マインドウェルネス 〒110-8560
東京都台東区台東1-5-1 凸版印刷営業ビル3号館 7階

Copyright ©TOPPAN MIND WELLNESS CO.,LTD