人材開発・組織開発コンサルテーションを行うトッパンマインドウェルネス

「部下のやる気を高める目標設定とフィードバック」

主な対象者  管理職層

日程     1日

推奨人数   20名

【こんなお悩みやご要望に】

■  フィードバックをしても部下が納得してくれない。

■  フィードバック面談で部下が黙っている。

■  チームメンバーのやる気を高めたい。

【プログラムの目的】

■  効果的な目標設定、フィードバックのやり方を習得する。

■  自分自身のスタイルを客観的に振り返り、強みと改善点を理解する。

【特徴】

  • 良い評価を出せなければ、部下のやる気を出すのは無理と思っていませんか?調査によるとフィードバックでの部下の不満は、「考課標語」そのものよりも「説明のされ方」にあるようです。考課の納得性は、その人の能力開発とモチベーション向上において非常に重要な役割を果たしていることを理解します。
  • 目標設定と考課の方法を学びます。
  • フィードバックを効果的に行うプロセスモデルを提供し、ケースで練習します。

この研修を受けると

本研修を受講すると、次のようなフィードバックに不満を持つ部下に向き合い、フィードバックの準備・実践ができます。

【部下が不満に思うフィードバック】


●  考課標語の理由を知らされていない。

●  結果を出したつもりが、報いられた結果でなく、納得がいかなかった。

●  「調整結果のC評価」、「バランスがあるからB評価」等の理由。

●  「他の人がつけた考課だから説明が出来ない」と言われた。

●  何を期待されているか分からない。

●  給料をもらってからフィードバックがあった。

●  面接時間が短くてがっかり。

●  良い時だけフィードバックされる。

【進め方(例)】

午前 午後

■  イントロダクション

■  講義

 ・  人事考課とは?

 ・  フィードバックの進め方

■  講義

■  ロールプレイ①(案)

 「年上の部下」または「目標をクリアに
 出来かった部下にフィードバックする場合

■  講義

 ・  目標と考課の方法

■  グループワーク

 ・  ケーススタディによるアセスメントの実施

■  ロールプレイ②(案) 

 「本人の予想より低い評価をフィードバック
 する場合」

■  ワークショップまとめ


株式会社 トッパン マインドウェルネス 〒110-8560
東京都台東区台東1-5-1 凸版印刷営業ビル3号館 7階

Copyright ©TOPPAN MIND WELLNESS CO.,LTD